クラフトビア金沢

芝生、石垣、おいしいビール。

ご来場、誠にありがとうございました。

2016トップバナー

ホーム ≫ クラフトビールって?

色、香り、味 … ビールにはたくさんの種類があるんです

ビール好きも、ビール好きじゃない方も!

グラス3種小
小規模な醸造所でビール職人によってつくられる、さまざまなビールたち。
それらにはまるで「手工芸=クラフト」のように作り手の熱い想いと高い技術が注がれています。

この「クラフトビール」。
大都市圏はもとより全国で人気を集めるにいたりました。
食の雑誌のみならず一般誌や新聞、まとめサイトにも特集が組まれるほどに。
ワインや日本酒、焼酎やウィスキーがそうであるように自分の好みを探す楽しみもあるようです。

ビール好きのあなたも、ビールが苦手なあなたも一度ためしてみてください。
自分に合ったビールに出会えるはずです。
だって、それほどたくさんのビールがあるんです!



もっとクラフトビールのことを知りたい方はこちら!

クラフトビール東京画像スクエア
東京や近郊のクラフトビールを扱うお店情報を中心にクラフトビールについて紹介している人気のサイト「クラフトビール東京」さん。こちらにはクラフトビールの魅力がつまっています。

クラフトビール東京「クラフトビールとは」


クラフトビールという選択肢。

金沢市柿木畠のバーのご主人が不定期に発行する「元氣通信」。
こんなことが書かれていました。このイベントを開催するきっかけにもなった記事です。


<前略>

「クラフトビール」と言ってもピンと来ない方も多いと思います。
まあいわゆる「地ビール」の事ですね。
日本の「クラフトビール(地ビール)」は18年前に解禁になり、
全国で地ビールブームが起こりました。

当時は色々な地ビールがいっぱいできて美味しいものも沢山あったのですが
そうでないもの結構・・・

あれから18年。
今、日本のクラフトビール(地ビール)のブルワリー(ビールの醸造所)は、200軒程あります。
18年前からずーっと作り続けてレベルを上げて
益々美味しくなっているブルワリーや新しく作り始めた所もあります。
皆それぞれに研究を重ね益々レベルが高くなっているのです。

その為、日本の地ビールメーカーの中には
国際的なビールのコンテンストで
数々の賞を受賞している所も結構あります。
本当に日本人は研究熱心ですよね!

そう言っても未だによく言われるのが
「地ビールってあの美味しくない地ビールの事でしょ」って事です。

<中略>

僕もずーっとそう思っていました。7年前の夏までは・・・!!
が7年前、地元(石川)の地ビールメーカーの人がどうしてもと言うもんだから
全く期待せずに試飲したビールが・・・・旨かった!
というか以前と比べて格段に旨くなっていた・・。
「なんじゃこりゃ!」って感じでした。

僕にとって毎日何気無く飲んでいたビールは一番身近でありながら
バーテンダーの僕にとっては
ウィスキーやカクテルと比べて正直下に見ていました。
でも飲んでみた地ビールはそれぞれ個性的で美味しく、
なんとも言えない「勢い」みたいなものが感じられ
本当にビックリしました。
「ビールはビールでも、こんなのがあるんだ。」
僕の中のビールの概念を覆されました。

<後略>

~元氣通信2013年5月発行vol.70より~


モバイルサイト

クラフトビア金沢実行委員会モバイルサイトQRコード

クラフトビア金沢実行委員会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!